HIKARIYA ひかりや 鳴門の化粧品専門店

HOME > ひかりやとは > ひかりやとは

ひかりやとは

お化粧でみんなを幸せにしたい。

相談できる化粧品店になりたい

創業は1941年(昭和16年)、国際情勢が不穏な情勢の中、後に徳島県鳴門市のメイン商店街となる大道銀天街にオープンしました。戦後モノが充分になかった時代、化粧品の販売もはじまりました。
その後取扱い商品の中心は小間物から化粧品へと移っていき1960年代になると、小間物は次第に少なくなり、化粧品の割合が増え、化粧品店としての体裁が整ってきました。そして1972年、現在の4階建ての店舗が完成しました。その後、時代に合わせて、何度かの店舗改装を繰り返し、1994年には売り場面積を100坪に増築。そのときの新店舗はアメリカンナイズされたモダンなものでした。続いて1996年には大型ショッピングセンターが開店し、ひかりやもパワーシティ鳴門店をオープンしました。
近年はコンビニやドラッグストア、ネット販売などの普及により、化粧品はどこででも手に入る時代になってきました。そこで2003年に、本店を全面改装。化粧品を販売する店から、スキンケアやメイクアップについて気軽になんでも相談できる街の化粧品店へと生まれ変わりました。


高齢化社会に貢献したい

化粧をする女性は、一生ぼけないと言われています。化粧療法なんて言葉もあります。
ある介護施設で化粧の講習会をしたときのことです。化粧をしてもらったおばあちゃんが嬉しそうな顔をしてくれました。化粧をしたおばあちゃんは、それまでめんどうがっていたリハビリにも積極的に行くようになり、言動がしっかりしてきたそうです。化粧をしてキレイになった自分を、みんなに見て欲しいと思う気持ちがおばあちゃんに生まれたのかもしれません。ひと目を意識することは、『キレイ』への近道なのです。
今も全国一万店以上ある街の化粧品店が、もし積極的にご高齢の女性にお化粧を薦めていくとしたら、輝く女性が増えていきます。いつまでもイキイキと元気に活動する女性が増えたら、日本の高齢化社会は、ずいぶんいい方向に変化するのではないでしょうか。少し大げさですが、そんな国家的使命をもって、化粧品店を担っていきたいと思っています。


あなたを生涯輝かせたい

もう歳だから無理!とおっしゃる方がいます。その言葉を聞くと残念に思います。デイリーケアをすれば、もっとキレイになれるのにもったいないことです。平均寿命が長くなった現在、子育てが終わってからも、まだ50年以上も人生はつづきます。習い事や趣味を始められる方もたくさんいらっしゃいます。ひと前に出る機会も多くなることでしょう。そこで、もっとキレイになりたい!と思っていただけたら、幸いです。私たちは、お客さまの肌に合わせて、プロの視点から本当にいいものをおすすめしています。毎日のケアは、手間ひまがかかって面倒なものです。そこで、みなさんのお肌みがきのお手伝いをさせていただいております。
私たちは、ただの販売員ではありません。あなたのよき相談相手であり、カウンセラーでもあります。時には優しく、時には叱り、一緒に泣いたり笑ったりしながら、あなたを生涯輝かせつづけるパートナーになりたいと願っています。


お肌みがきは、「キレイになりたい」とあなたが思った瞬間から、いつでも始めることができます。
ぜひ、一度、お店に足を運んでください。
新しく輝きはじめるあなたとの出会いを、スタッフ一同心待ちにしております。

お客さまインタビュー

お客さまインタビュー

page top